スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|みんなのコメント - |

| スポンサードリンク | |
Entry: main  << >>
5パターンの読書を使い分けてアウトプットを最大化させる 『ビジネスマンのための読書力養成講座』
評価:
小宮 一慶
ディスカヴァー・トゥエンティワン
¥ 1,050
(2008-09-15)

 去年はノルマのようにガムシャラに500冊ぐらい本を読んだ。

名書と呼ばれる本もたくさん読んだ。

もっとしっかりとしたビジネスロジックを、

身につけることができると思っていたけど

どうもあんまり論理的なビジネス思考力が身についていない。

上司と営業方針で議論になった際、

ロジカルな切り返しができない。

読書にはいろんな側面があるけれど、

今年はビジネスに直結する読書を身につけたいと切実に考えていた。

普段から使える知識になるように同じ本を繰り返し読み込んだ。

だけど、

まだ何か足りてないような気がしててずっとモヤモヤしていた。

本書を読んでその原因がようやく理解できた。

自分の中ではしっかり読んでいるつもりになっていたけど、

「熟読」はできていなかった。

「熟読」とは、

書いてあることに納得する

きっちり理解する、

そして、

書いてあることを他のことと関連づけて考えることができるまで読み込むこと。

もっと早く読んで意識的に「熟読」に取り組めていたら、

もっと良かったと思うけど、

特に問題意識を持たない時に読んだら、

読書術の入門編として軽く流していた可能性が高い。

今のタイミングで読めて心底よかったと思う。

あまりに自分の問題意識にはまりすぎていたため自分用のメモを本気で取ってしまった。

ちょっとメモの範囲を超えてちゃって、著者の方には大変申し訳ないんだけど、

今後小宮さんの著書を多めに紹介するので今回は多めに見ていただきたい。

シンプルな内容だけど、

アウトプットを高める読み方について考えさせられるいい本だと思う。

会計・経済・マネジメント・マーケティングのお薦め書籍が紹介されているので、

ナビゲート本としても活用できる。

◆以下自分用のメモ

よい本というのは、それを読む過程自体で。知識や感動を与えるとともに、
読み手の読書力を向上させる。

速さではなく目的で使い分ける

◆速読
自分の必要な情報だけを得る読み方
冒頭はエッセンスが集約されていることが多いので、
そこだけ、まず、さっと読み、
あとは、大事だなと思うところだけをチェックしていく。

目次を見て、必要な部分や情報だけをピックアップして、そこだけ通読する

1目次
2見出し
3本文中の太字で書いている部分
4各章・各項目の冒頭
5はじめに・あとがき
6データ・数字・図表・固有名詞

速読を鍛える方法
1まずは自分の専門分野でのコンスタントなインプットを持つこと。
2次に「関心の幅」を広げること

早く読むではなく、早く手に入れる


◆通読(その1、その2)
中身のロジックの重さで使い分ける。

変に一般向けにアレンジされたものより、
専門家を目指す人向けの入門テキストのようなものを読んだほうがよい。

ビジネス書を読むときは、自分の仮説と照らし合わせて、
著者の言わんとしていることをチェックする。
また新しい仮説をつくり繰りかえし検証する。

(例)
・お客様第一主義
・キャッシュフロー経営

・長期投資
・敵対的買収をやらない
・よくわかった業種に投資する


◆熟読
一番てっとり早いのは、
いきなり熟読で論理的思考力を身につけてしまうこと。

論理を追ってきっちり読む
⇒書いてあることに納得すること、きっちり理解すること

書いてあることを他のことと関連づけて考えることができるか?
⇒関連づけが分かるまで読みこむ

おおよそ30時間でだいたいのことがある一定レベル(専門家レベル)に達します。

その分野の第一人者が書いた入門書と専門書を往復する
⇒いったん戻ると、入門書の行間に書かれているが見えてくる。それが最高に面白い。

◆重読
意識を高めるための読書

 

多くの人が幸せになるためにはどうすればいいか
規範を求めるのが社会科学
絶対性ではなく規範性。これが社会科学。

本質を見いだそうとするのはいい。
でも、絶対性を見いだそうとするから、間違いが生じる。

経済

・東大生が書いたやさしい経済の教科書
・容疑者ケインズ
★★
ミクロ経済学入門・・・奥野正寛
マクロ経済学入門・・・中谷巌
経済論戦は甦る
1997年 世界を変えた金融危機

★★★
スティグリッツ入門経済学

マーケティング

サービスの底力
一回のお客を一生の顧客にする法

★★
マーケティングマネジメント・・フィリップコトラー

経営
★★
妙訳マネジメント・・ドラッカー
巨象も踊る
ウィニング 勝利の経営
ビジョナリーカンパニー

★★★
会社法入門・・神田秀樹

会計

1秒で!財務諸表を読む方法・・小宮一慶
稲盛和夫の実学

★★
会計学入門・・桜井久勝
図解 会計のしくみ・・波光史成
図解 戦略経営のための管理会計入門

★★★
財務会計講義

マネジメント
★★
仕事の裏切り・・ジョアン・キウーラ
完全なる経営・・アブラハム・マズロー

生き方
修身教授録・・森信三
ナポレオンヒルの巨富を築く13の条件
実践経営哲学・・松下幸之助
論語の活学・・安岡正篤

|みんなのコメント comments(0) |

| MOGGY | 22:01 |
スポンサーサイト
|みんなのコメント - |

| スポンサードリンク | 22:01 |
Comment








Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

その他の作品を調べる

最近の訪問者

Search

Entry

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links