スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|みんなのコメント - |

| スポンサードリンク | |
Entry: main  << >>
日本唯一のかき氷専門店知ってる?『価格、品質、広告で勝負していたら、お金がいくらあっても足りませんよ 』
評価:
川上 徹也
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
¥ 1,470
(2009-06-15)

 以前紹介した『仕事はストーリーで動かそう』の著者、

川上徹也氏の著書第二弾。

今回は個人や中小企業が「ストーリーブランディング」を行うための、

「論理」「実例」「実践」の3部構成からなる内容。

わかりやすく実用的な、

物凄く良い本に仕上がっている。

鵠沼海岸で通年営業をするかき氷専門店「埜庵(のあん)」や、

神奈川県の葉山にあるビーサン専門店「げんべい」、

青森県の農家が苦肉の策で生み出した「落ちないリンゴ」など、

ストーリーをうまく使っている個人商店の実例が紹介されており、

ここだけ読んでも十分読み応えがある。

さらに実践編では、

下記の4つの立場にたって、

「ストーリー」を発見し、

活用する方法が解説されている。

A.これから起業を考えているビジネスパーソン

B.すでに事業を継続している会社やお店のオーナー(従業員あり)

C.すでに事業を継続している会社やお店のオーナー(従業員なし)

D.会社員で起業を考えていないビジネスパーソン

個人や小さな会社が「ブランド」をつくるには最適な一冊。

該当する人は是非参考にしてほしい最近のイチオシ本です。



◆以下自分用のメモ

「3本の矢の法則」が最強

「志のストーリー」

「ブランド化のストーリー」

「エピソードのストーリー」

それぞれが相乗効果を生むように補完し合うことが重要で、
長い目で見て捨てる勇気も大切。

「効率がいいということは無駄がないということ。でも無駄がないということは、伸びしろがない、ともいえます。無駄を無駄じゃないように変えていくところに、伸びしろが出てくる。冬に来てくれるお客さんを増やすことは、そんな可能性を大きくすることに繋がるんです」。

「それって漫画っぽい?」は選択肢に迷ったときなど自問自答する重要なキーワード。

「強み」×「社会的意義」= 「自分の欲望やエゴ」

「強み」×「社会的意義」= (「自分の欲望やエゴ」)+「何か社会に役立つ」

◆オンリーワンへの道

1.ギュッと絞り込もう

2.見せ方、魅せ方を変えよう

3.とにかく宣言しちゃおう

・ブランド化はキャッチーなタグをつけて初めて完成

・裏側(バックステージ)を見せる

・体験を売ろう

・お客さんに教えよう&コミュニティをつくろう

・その場で比較して試してもらおう


|みんなのコメント comments(0) |

| MOGGY | 06:43 |
スポンサーサイト
|みんなのコメント - |

| スポンサードリンク | 06:43 |
Comment








Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Profile

その他の作品を調べる

最近の訪問者

Search

Entry

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links