スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|みんなのコメント - |

| スポンサードリンク | |
Entry: main  << >>
神話時代から伝わる黄金律 『仕事はストーリーで動かそう』
評価:
川上徹也
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
¥ 1,523
(2008-11-12)

何かちょっと面接ぽくなるけど、
営業で一番大事なモノは何?と聞かれ、
真っ先に答えるとしたら、
「ストーリー」と断言する。

これは営業だけでなくビジネス全般に当てはまる。
職人さんとか以外のオフィスで働く多くの人にとって、
仕事の八割は「コミュニケーション」でしょ。

そして、
仕事上の「コミュニケーション」とは、
「自分の意図を伝え相手に行動を起こしてもらうこと」。
そんな時に「ストーリー」を意識すれば驚くほど仕事はうまくいく。

なぜって、
働いている人はみんな感じていることだと思うけど、
人間はロジックや正論では動かない。
「 相手の感情を動かし、共感してもらうこと」で、
ようやく動いてくれる。

本書は仕事やビジネスの様々な場面で、
どう具体的に「ストーリー」を使うか、
1時間ぐらいで読める内容に、
わかりやすくまとめられている。

ストーリーのつくり方は法則があるので、
いろんな解説本があるけど、
基本的な部分は本書で抑えられるので、
実践書としては最適。

本書ではストーリーを使うメリットが、
基礎編、
発展編、
上級編、
の3つに分けて紹介されている。

◆初級編

ゞ縮がもてる

感情が動く

5憶に残る

◆発展編

〆絞眠修任る
 →オンリーワンになれる

⊆最圓鮓譴襪海箸できる
 →より深く共感する

4蕎隶榮できる
 →人・商品・企業のファンになる

◆上級編

.ぅ瓠璽犬魘νできる
 →行動にかりたてられる

⊃佑謀舛┐燭なる
→口コミが広がる

E狙發砲覆
 
こうしたメリットを実践するための基本や、
方法もあわせて紹介されている。

神話時代から伝わってきている
物語に共通するパターン「ストーリーの黄金律」というものがあり、
このパターンに触れると、
人は感情移入しやすく、
感動しやすく、
行動に駆り立てられやすくなる。

ハリウッド映画が適当に見ても理解できるのは、
このツボに沿って制作されているからで、
スターウォーズなんかは、まさにこれがそのまま利用されている。

この3大要素を知っているのと、
知らないのでは
「ストーリー」づくりに雲泥の差がでるので、
今まであんまり意識してこなかった人は、
是非チェックしてほしい。

|みんなのコメント comments(0) |

| MOGGY | 23:29 |
スポンサーサイト
|みんなのコメント - |

| スポンサードリンク | 23:29 |
Comment








Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

その他の作品を調べる

最近の訪問者

Search

Entry

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links