Page: 1/2   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|みんなのコメント - |

| スポンサードリンク | |
ブログがリニューアルしてURLが変更になりました!


『ゆるーいブックナビゲーター・モギー  』をご覧になっていただいている皆様。
いつもありがとうございます!

このたびブログをリニューアルをしまして、
サイトのURLが下記に変更になりました。

MoggysBooks(モギーズブックス)公式サイト
http://info.moggysbooks.com/

このブログでは自分なりにいろいろ試行錯誤をしてきて、
ある程度やっていきたい方向性が固まってきたので、
今後はブックメディアとして本格的に展開していきます。
まだ制作途中の部分もありますが、
新しいコンテンツ企画にどんどんチャレンジしていくつもりです。
かなり、自分さらけ出しちゃってます。是非バカっぷりをご覧になってください!

いままでありがとうございました!
これからも何卒よろしくお願いします!

|みんなのコメント comments(0) |

| MOGGY | 07:42 |
「好きなこと」と「得意なこと」が出会う場所 『才能を引き出すエレメントの法則』
評価:
ケン・ロビンソン,ルー・アロニカ
祥伝社
¥ 1,575
(2009-07-28)

世の中には2種類の人間しかいない。

自分の好きなことをやり充実した人生を送る人と、

好きなことをやれず、

死ぬ間際になってやっていないことを後悔する人。

その違いはどこから生まれてくるのだろう。

僕はすべての人が、

「好きなこと」と「得意なこと」が出会う

「エレメント」という場所を見つけることができると確信しているし、

それを自分の人生で体現し、

納得するために生きている。

すべての人間は自分本来の才能をフルに発揮して、

自分と周りの人たちをhappyにすることができる。


自分にとってはあまりに自明の真理なので、

大きな衝撃はなかったけど、

もし、

そうは思わない人がいたら、

本書はあなたの人生を変える一冊になるかもしれない。

あなたが真に没頭できてやりたいこと、

そして得意なこと、

つまり、

あなただけの「エレメント」を捜しだす旅に出かけることができる。

本書では様々な分野で活躍する人物が登場し、

どうやって自分の特別な能力に気がついたのか、

好きな仕事で成功したのか、

才能を伸ばして開花させた経緯、

人間関係から得るもの、障害となるもの、

それぞれの災難をどう乗り越えるか、

そして、

それらのエピソードから導きだされる法則などが紹介されている。

例えば、

「天才」たちに共通する「エレメント」7つの法則として、

下記の項目はあげられている。

1.能力を限定しない
才能は様々な形で現れる

2.好きになる
我を忘れる瞬間を経験する

3.仲間がいる
自分と同族の集団をさがす

4.環境から抜け出す
才能を邪魔する制約の輪からの脱出

5.チャンスを逃さない
幸運を呼び込む考え方と態度とは?

6.メンターと出会う
人とのつながりを大切にする

7.年齢にとらわれない
遅すぎることはない


こういったいろんな要因があるから、

詳しくは本書を見て欲しいが、

僕が一番印象に残ったのは、

監修者のまえがきにあったこの言葉。

本当にやりたいことを見つけたら、

どんなことがあってもそれを手放したりしてはなりません。

たとえ親から絶縁されようが、奥さんに反対されようが、ヤクザが取り立てに来ようが、

周囲から白い目で見られて無視される存在になろうが。

そこで一歩でも引いてしまったら、自分を裏切ったことになるから。

そして、年老いて死の床についたときに、きっと後悔してしまうから。



おおげさと笑う人もいるかもしれない。

だけど、

自分で自分の人生のハンドルを握るには、

覚悟や決意が必要ということを理解していない人は、

けっこう多いんじゃないかな。

これはぼく自身も含めて。

やっぱり命がけで遊ばないと面白くないよね。






|みんなのコメント comments(0) |

| MOGGY | 07:01 |
トップ1%に入る人はこう話す 『ブライアン・トレーシーの 話し方入門 ー人生を劇的に変える言葉の魔力 』

今日は、

いきなり、

テンション高くいくよ。


社会でより多くの収入を得、

より早く昇進するのに最高の方法は何だろう?


それは、

あなたの力を示すこと。

そして、

その方法はただ一つ。


あなたの考えやアイディアをはっきりと口頭や文章で表わすことだ。


上手に話せば、

人の尊敬や同意を集め、

もっと会社の役に立ち、

あなたを助けチャンスを与えてくれる人々から注目されるようになる。

そして、

最も重要なのが、

話し方は、

そのポイントを学び、

繰り返し練習すれば、

誰でも飛躍的にレベルアップできるという点。

世界で最も尊敬される投資家ウォーレン・バフェット氏は、

カーネギーの話し方講座に通っていたという。

世界でもっとも成功している投資家が、

話し方に、

時間とお金を「投資」をしているのだから、

どれだけ有益で、

重要なことか、

理解してもらえると思う。

本書は、

ベストセラー『カエルを食べてしまえ!』の著書で、

世界でもっとも有名なプロの講演家、

ブライアン・トレーシーの著書。

今まで、

46ヵ国で、

4000回を超すプレゼンテーションを行い、

500万人を超える人々に話をしてきた、

プロ中のプロが、

惜しみもなく、

そのノウハウを紹介している。

恐ろしく実践的で、

あまりにも有益なので、

他人には教えたくなくなるくらい、

すごく内容が濃い本。

人前で話す人にとって、

これほど使える本はない。

繰り返し、繰り返し、

ボロボロになるまで読む価値がある。




◆以下自分用のメモ

あなたが話をする前にすべに重要なことは、
結末から考えること。「客観的な質問」を自分に問いかけ、
あなたの話のすべて、冒頭から本論、
結びの言葉まで、この目標を達成するためのものでなければいけない。

ワイパー方式で、右脳と左脳を刺激する話を交互に盛り込む。


スピーチをするとき、ポケットからペンを取りだし、
何かペンを引き合いに出させるようなことを言う。

5×5のルール。
1枚のスライドに五行以上入れないようにする。
論点は一度に一つ以上いれない。

パワーポイントを使い終わったら、
スクリーンは空白にして、最後は自分自身の顔と言葉で、
強く印象づけて締めくくる。

つまらないものを見たい人はいない。
客席全員があなたの成功を願ってくれていると思うことだ。

スピーチやその他の行事に対して心の準備をするのに、
最も強力な言葉は、「私は私が好きだ!」である。

潜在意識は、現実の出来事と、真に迫った想像との区別がつかないのだ。

聞き手との間に橋をかける。

|みんなのコメント comments(0) |

| MOGGY | 08:04 |
たった90日で身につく一生モノの貯金力 『年収200万円からの貯金生活宣言』
評価:
横山 光昭
ディスカヴァー・トゥエンティワン
¥ 1,260
(2009-04-15)

いきなりだけど今貯金いくらある?

お酒も飲まない、

旅行もいかない、

誘われない限り積極的にデートもしないというような

草食男子なら、

お金たまるかもしれないけど、

お酒大好き、

遠出大好き、

女の子大好きで、デート大好きだったら、

絶対お金なんかたまんない。

そう思ってた。

明日死んでも後悔しないように、

全力で遊んで、

美味しいもの食べて、

飲みたいものを飲んで、

楽しく暮らして、

また一生懸命働けばいいじゃん。

そう自分に言い聞かせて、

お金の問題と、

真剣に向き合うことから逃げてきた。


大学二年の夏、

観光先のニューヨークで、

911のテロに巻き込まれそうになり、

明日死ぬかもしれないという前提ができたことを、

大義名分にして。

だけど、

自分の人生は自分でしっかりコントロールしたい。

そろそろ年齢的に真剣に考えないとまずい。

そんなタイミングで最高の一冊に出会えた。

本書は貯金ができるノウハウやテクニックを紹介する本ではない。

それだけの本なら紹介しない。

本書が目標としているのは、

数字(お金)によって自分をコントロールすることができるようになること。

つまり貯金を通して、

生活全体を向上させ、

人生をよりよい方向に向けることができるというもの。

同じように遊んでいるように見えても

ちゃんと貯金できてる人がいるけど、

できてる人とできていない人の差ってなんだろう?

意志の弱さ?環境?ボーナスの金額?実家か否か?快楽主義のせい?

当然いろんな要素が複合的に絡み合う。

金持ち父さんはモチロン読んだし、

ユダヤ人の成功法則や、

ミリオネアになる人の考え方は、

知識としては知っている。

さらに

大学生の時に、

ファイナンシャルプランナーの初級資格も取った(汗)

だけど、

どうしても実践して、

お金をためることができない。

認めたくないけど、

お金のコントロールができない人はお金の面だけではなく、

自分が思い描く理想の生き方や人生を実現する可能性を著しく下げてしまう。

これだけ重要性を認識していて、

なぜ実践できないのか。

本書を読んでようやく理解できた。

それは、

人はそれぞれに合った「お金ステージ」をこなさないと必ず失敗する、

ということ。

お金ステージとは、次のように分かれる。

第1ステージ:「お金を管理する」

第2ステージ:「お金を学ぶ   」

第3ステージ:「お金を活かす 」

第1ステージをしっかり理解した上で、
次のステージにいかなければいけなかったのに、
自分の場合はいきなり第2ステージからスタートし、
わかったつもりになっていたことが大きな間違いだった。

本書では第1ステージをクリアできるような
実践的な90日プログラムがついており、
これに沿ってやっていけば、
誰でも貯金ゼロ体質から抜け出していける内容になっている。
これまで約3800人の家計を「再生」させてきた家計再生コンサルタントによる、
お金との付き合い方が苦手な人のための一冊。

キリギリスはいい加減卒業して、
そろそろ貯金生活はじめてみてはいかが?

|みんなのコメント comments(0) |

| MOGGY | 23:46 |
読書はリスクとリスペクト 『多読術』
評価:
松岡正剛
筑摩書房
¥ 840
(2009-04-08)

「編集」のスペシャリストで、
千夜千冊でおなじみの「読書」のスペシャリスト、
松岡正剛さんの読書に関するインタビューをまとめたもの。

ここまで自由な気持ちで、
ワクワクしながら読んだ読書術の本はほかにない。
ビジネス系の著者が書いたそれらとはちょっとレベル感が全然違う。
自身の体験を通じて語られる極めて「編集的」な読書は、
圧倒的に重厚で、
すべての事柄が分断されることなく、
ゆるやかに繋がっていく斬新なものである。
この人の著書をいろいろ読み、
その圧倒的な編集力でまったく底がみえなかったんだけど、
今回紹介されていた方法で、
少しだけ巨人の輪郭を見ることができた気がした。
そして、読書の本質をズバッと指摘してくれたので気持ちがいい。

読書を神聖なものだとか、有意義なものだとか、特別なものだと思わないほうがいい。
読書はもともと多様なものだ。だから、本は「薬」にもなるが「毒」にもなるし、毒にも薬にもならないことも少なくない。読書はつねにリスクを伴うと思ったほうがいい。読書を愉快にさせるのは、読み手次第なのである。


さすがセイゴウ先生、
よくぞ言ってくれた。
読書なんか大したことでもなんでもない。

最近の、必要以上に読書に対して、
意味や見返りを求め過ぎる風潮ってまったく面白くない。

役に立ちそうな本しか読まない人って色気がないよね。
男でも女でも、
全然一緒に飲みたくないもん。

ただし、
本書にもかかれていたけど、
「本」に対してのリスペクトは絶対必要だと思っていて、
これは、本に対してだけじゃなくて、
ファッションや音楽、アート、映画、料理など、
すべてに対して言える基本姿勢だと思ってる。

やっぱりリスペクトする気持ちがないと、
最初から「つまらないもの」にしか見えないし、
そう見てしまっている時点で、
対象以前に自分自身が、
「つまらないひと」になっちゃってるよね。
好みがあるから嫌いだなと思うのはアリだけど、
バカにしたらダメだよね。

この本は、
僕の人生に大きな影響を与える重要な一冊だけど、
あなたに必要な本かどうかは分からない。

それが読書の一番面白いところ。
本書を読めば納得してもらえると思う。

|みんなのコメント comments(0) |

| MOGGY | 23:47 |
『非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣』

すでにいろんな人が紹介していて、
いまさら紹介するのもなあと思ったんだけど、
やっぱり凄い本なので紹介する。

勝間和代さんが本書に書かれていることを、
バカ正直に実践して今の成功があったということで、
再び注目されている元祖カリスママーケッター、
神田昌典さんの著書。

もしも俺が突然、
暴走族とかに囲まれて、その総長らしき男に、
「おい、お前ー、なんか本に詳しいらしいな、じゃあ、オレが絶対成功できるような本を教えろ。
そしたら助けてやる、そのかわり、役にたたねー本教えたらぶっ殺すぞ」と脅されたら、
間違いなくこの本を紹介する。

それくらいわかりやすくて、
簡単で誰にでも絶大な効果がある本。
自分の目標を最短期間で達成したい人には最適。

俺も初めは、
そこら辺にある本と同じだから読む必要はないと思ったんだけど、
実際読んで試すと、
自分でも引くぐらい効果があった。

今まで何度も挫折してきたのに、
この本に書かれていることを、
ただ実践しただけで生活習慣が変わり、
毎朝6:30に起きれるようになった。

誰にでもできる、
笑っちゃうぐらい簡単なことをやるだけで、
生活が激変する。
そのノウハウが紹介されている。
「ザ・シークレット」の100倍くらい確かな効果があるから、
だまされたと思って、
とりあえず読んで実践してみて。

これをすでにやっている人以外は100%
ホントに効果があるから。


|みんなのコメント comments(0) |

| MOGGY | 23:11 |
地獄から這い上がってきた人の言葉 『1063人の収入を60日で41%アップさせた-目標達成する技術 』



 

もしも、あなたの目の前に、
母親を父親に殺された7歳の男の子が立っていたとしたら、
なんと声をかけますか?

おそらく男の子男の子の受けた心の傷を思うと、
何を言えばいいか考えてしまいますね。

でも、
今の私であれば、
この7歳の子を救う自信があります。
心の傷をいやし、
人生を良い方向に持っていけるように仕向けることができます。

なぜでしょうか?

そう、この7歳の男の子は私だからです。


著者は7歳のときに母親を母親に殺され、
そのショックで、
重度の吃音症となり、
高校も中退。

友達をできずに、
ゴルフ場の芝刈りの仕事しかできない希望のない人生を送っていた。

そんなとき、
一人の友人に出会い・・・・・・・・。

1ページ目でそんな展開をされてしまうと、
普通は続きを読みたくなるものだろう。

成功本はノウハウがすでに確立されているジャンル。
中身が濃いか薄いかの違いはあるにしろ、
基本的に書かれていること同じと思っていい。

だけど、
実際に逆境を経験し、
そこから這い上がってきた人の「言葉」は、
持っている力がまったく違う。

だから、著者は実際に
世界トップクラスのコーチとして、
成功している。

そんな著者いわく、
成功の80%が心理面で決まり、
わずか20%が方法論(テクニック)だという。

つまり、
やり方は20%しか影響しないんだから、
名署とよばれている、
それなりにいい本を1冊買えば方法論としては十分。
あとは「決断」をするだけでOK。

「ああ、それはね、やればいいんだよ」

おれの信頼する先輩に相談すると、
すべてこのフレーズでカタが付く。
始めて言われた人はポカーンとしてるんだけど、
ようするに、「決断」し行動すれば、ということ。

もしこの意味がよくわからない場合は、
本書を読むことで、新しい発見があるでしょう。



◆以下自分用のメモ

・知識は単なる『潜在的パワー』

・人が行動する根本原因は、
 痛みから遠ざかり、快楽を求めるという本能的プログラム。

・6つの感情ニーズ

・確実性
・不確実性
・重要感
・つながりと愛
・成長
・貢献


|亮吋譽戰襪粒惱
感情レベルの学習
L軌媼吋譽戰襪粒惱


・人生の質は質問の質できまる







|みんなのコメント comments(0) |

| MOGGY | 08:09 |
SEXの300倍気持ちいい快感 『死なないカラダ、死なない心』

あれも知りたい、これも知りたい、尽きることのない情報への欲求。
幸か不幸か、ネットにアクセスするだけで様々な情報を目にすることができるけど、
これだけ必死に集めてる情報って何だろう。

これだけ情報があふれている時代には、
どれだけ効率よく必要な情報を取得できるかが現代を生き抜く鍵である。
社説とかにありそうだうな切り口だけど、まーそりゃそうだよね。

もう少し突っ込んで考える。
これだけ情報があふれている時代には、
どれだけ効率よく必要な情報を集めるかより、どれだけ手放すことができるかが重要である。
できるだけ持たない、ミニマムでいることの価値ってあると思う。

ここから、さらに突っ込んでいくとなると、
どうしたって、いまとは違った視点でのアプローチが必要になってくる。
たぶんそうなったときの最良のアプローチが瞑想だと思う。
なぜと言われても、まだうまく説明できないけど、
瞑想を通じてフィジカル的に「自分は何なのか」を突き詰めていくと、
頭ではなく、自分の全存在で理解できることってなんかあると思う。

そんな疑問の先にはたして何があるのか、はっきり答えてくれるのが本書。
著者は12歳からハータ・ヨーガを中心に独自の修行を続け、全インド密教協会から、
「ヨガ行者の王」の称号を授与された、日本のヨガ行者の第一人者。

昔からけっこう興味があって調べたりしてるので、
瞑想の効果や、驚くような体験談は数多く目にしてきたが、
著者はケタ違いの悟りに到達してる。
次元を超えて超ひも理論のはるか先を理解されているようだ。
自分が体験したことのない段階の話なので、なんともいえないが、
ここまで修行を積んできた第一人者がウソを言う必然性がまったくないし、
内容も一貫しているので、信憑性があるように思える。

このレベルの人は、全く僕たちと共通点する部分がなさそう。
無欲でほとんど動かない置物みたいな、つまらなそうな人をイメージしちゃう。
しかし、著者のモットーは「人生を愉しもう」。
どうやったら毎日がhappyに暮らせるかを追及してる人物。
なんだ、うちらと一緒じゃん。仲良くなれるかも。

瞑想というと修行っぽくて、ストイックなイメージがあるけど逆で、
何も考えずに釣りを糸をボーっと眺めたり、無心で絵を描いていたり、
時間を忘れて過ごしている時がまさに瞑想そのもの。
誰にでも手軽に始めれるように通勤電車で、
できるトレーニングなんかも紹介されいて、面白いよ。

巻末に脳機能学者の苫米地英人氏との対談があり、
とんでもなくありえないぶっ飛んだ話が展開されるんだけど、
ちゃんとした実績がある人同士だから、驚くしかない。

そこで瞑想がどれくらい気持ちいいのかという話になり、
瞑想によって出るドーパミンの量で、他の気持ちよいとされるものと比較している。

気持ちがいいセックスの時にでるドーパミンを100とすると、
おいしいごはんを食べたときが50ぐらい、
アルコールを飲んだ時   200 
マリファナを吸引したとき  300〜400
アンフェタミン(覚せい剤) 1000
LSD 3000
臨死体験をすると 3万〜5万 

そして瞑想で出るドーパミンは、
やり方によって臨死体験のときの量を超えるという。
禅宗の開祖と呼ばれる達磨大師は、足が腐るまで瞑想して坐っていたことから、
苦行に耐えてすごい修行者だったといわれていたが、
実は気持ちがいいから、足が腐るまで坐っていただけだという。
ニンテンドウDSに夢中になった子供が、一晩中ゲームして、
足がしびれて立てなくなったのの、スゴイバージョンなんだって。ヤバくない。

瞑想を行っていくことは、最終的には物理空間を通り越して、
その先にあるものへ向かうものだという。

でも、始めの動機としては、ちょっと気持ちいい体験をしたいという
下世話な感じでもいいんじゃないかな。

女の子にもてたいという理由で、何かを始めるのと一緒でしょ。
まずはやってみる。とりあえず、それから考えようぜ。

|みんなのコメント comments(0) |

| MOGGY | 02:23 |
時代を越えて読み継がれるべき名著!! 『スピード・オブ・トラスト』

評価:
スティーブン・M.R. コヴィー,レベッカ・R. メリル
キングベアー出版
¥ 2,100
(2008-11)

評価:
スティーブン・R. コヴィー,ジェームス スキナー
キングベアー出版
¥ 2,039
(1996-12)

今年読んだビジネス書の中では、文句なしのベスト。
時代を越えて読み継がれるべき名著である。
まだamazonに画像が表示されていないのが残念!

本書の帯には、1000万部以上セールスを記録した自己啓発本の名著『7つの習慣』の著者、
スティーブン・R・コヴィーがコメントを寄せている。

人生における最重要なテーマである「信頼」に関して我が息子、スティーブンは、
模範的な実践者として、また熱心かつ有能な思想的リーダーとして新たな頂に達したと私は信じる。


そう、著者とスティーブン・R・コヴィーは、なんと親子。
『7つの習慣』でスティーブン・R・コヴィーが「信頼の重要性」を啓蒙し、
本書で息子のスティーブン・M・R・コヴィーが「信頼の重要性」を見事に証明した。
親子2代にわたる素晴らしいファインプレーで、この2冊が人々に与える影響は凄まじく大きい。

本書は「信頼」が個人にとっても、企業にもっても、利益と成功そして繁栄をもたらすことを、
どんな本よりも正確に分析し、深く掘り下げている。データや事例が豊富にあり、
いかに実践できるかの検証にも余念がない。
1部上場企業の社長からニートまで、あらゆる人が
本質的な気づきと、実践的な手法の両方を得ることができる。
ただ盲目的に「信頼」することを推奨する内容ではない。
「信頼」に付随するリスクをどう考えるべきかまで、しっかり網羅されている。
万人に紹介する価値がある1冊なので、
まずは書店で手に取って、自分の目で確認して欲しい。

最後に本書の中で繰り返し引用される、
世界一尊敬を集める投資家ウォーレン・バフェットの言葉を紹介したい。

「評判を確立するには20年かかるが、評判をこわすのは五分もかからない」



 

|みんなのコメント comments(0) |

| MOGGY | 12:48 |
誰もあなたに代わって闘ってはくれない 『史上最強の人生戦略マニュアル』

評価:
フィリップ・マグロー
きこ書房
¥ 1,785
(2008-09-27)


このタイトルはどうもいただけない。個人的にはまったく惹かれない。
自分で最強という、最強のモノは出会ったことがない。
勝間さんの激プッシュがなかったら間違いなく手に取らなかったと思う。
でも、いい本か、そうでないかといったら間違いなくいい本。
読んだ人の行動を変える力がある1冊。
使えるか、使えないかでいった大いに使える。
マニュアルというだけあり、すべての人が使用できる。
ただ、すべての人におススメとは言えない。
それは、あまりに合理的すぎて、遊びが感じられないから。

本書は「徹底的に自分自身や、他人の行動を予測して、
コントロールできるだけの優れた知識があるせいで
損をするという状況は一つとしてない」と言い切る。
たしかに、正しいのかもしれないけど、
あまりにも強引で、少し違和感を感じる部分がある。
良くも悪くもアメリカ的な合理主義。
自分の感情や価値観、生活の至らぬ点へ徹底的に目を向けさせ、
すべてを自分でコントロールするやり方が紹介されている。

なぜ現状でうまくいかないのか、その理由に関しては本書を見れば、
残酷なまでによく理解できる。その点は圧倒的に優れている。
この部分だけでも、十分購入する価値があるのは間違いない。
毎日がつらくて現状を変えたい、
強くそう願う人にとっては人生を変える1冊になり得る。

しかし、周り道もまた楽しいと思える人には必要ないでしょう。
Going my way!

|みんなのコメント comments(0) |

| MOGGY | 23:45 |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Profile

その他の作品を調べる

最近の訪問者

Search

Entry

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links